志望大学の選び方

1. 受験勉強を始める際に志望大学を決めよう

 

大学進学を決めたらまずは志望校を決めましょう。

志望校を最初に決めておくことが受験では大切です。

まず最初に志望校を決めることで目標が決まり勉強の計画を立てやすくなります。

また勉強へのモチベーションも上がります。

しかし、全国にたくさんの大学があるので志望校選択に迷うことがあると思います。

なので志望校の選び方についてお伝えしていきます。

 

2. 学びたい学部・学科があるか

 

まずは自分の興味がある学部や学科が大学にあるのかを調べましょう。

また、文系の学部が多い大学なのか、理系の学部が多い大学なのかも確認することで決めやすくなります。

その際に、将来のことを考え学部を選択しましょう。

例えば看護師などの専門的な職業に就きたい場合は、専門的なことを学べる学部・学科に進学しなければなりません。

 

3. 立地・学費

 

自宅から大学に通うのか、一人暮らしをすることが可能なのかなど家庭によってさまざまな状況があると思うので、事前に確認しておきましょう。

自宅から通う場合は、通える距離感の大学を調べましょう。

学費も大学により異なるので学費についても保護者の方と相談して決めましょう。

 

4. 大学の設備や雰囲気

 

大学によって外観や設備などが異なります。

オープンキャンパスに行き、実際に目にしてイメージを膨らませるのも良いでしょう。

今のコロナウイルスの情勢があり、直接行くことが難しい場合は、オンラインでオープンキャンパスを開催している大学もあるので参加して雰囲気を知ることで大学へのイメージがしやすくなったり、志望度も上がったりします。

自分が実際に通いたいと思える大学を探しましょう。

 

 

5. 入試形式

 

大学や学部によって必要な科目や教科数が異なるので、入試情報を事前に調べておき、受験可能な大学かどうか確認しておきましょう。

 

6. 偏差値

 

大学の偏差値やレベルも先に調べておいた方がいいでしょう。

そこで大事なのが、志望校の偏差値は受験勉強開始時に自分の学力で決めないということです。

自分の今の学力が低くてもしっかりと勉強して努力すれば偏差値の高い大学に行くことも可能です。

また、偏差値が低い大学を最初から志望校に設定してしまわないようにしましょう。

努力を怠って偏差値が低い大学も落ちてしまうこともあります。

なので偏差値の高い大学を目指してモチベーションを上げて合格できるようにしましょう。

 

 

7. まとめ

 

大学は、卒業後にどのように働くのか、どういった企業に勤めるのかなど自分の進路や人生に大きく影響するものです。

そのため、適当に選択してしまわないようにじっくりといろいろな条件を考慮した上で選択しましょう。

そして、志望校を決定したらあとは志望校に向けて勉強するのみです!

 

英語長文が苦手な人は、長文音読復習を勉強のメインに据えて頑張って下さい!
そうすると、必ず、英語全体のの成績はアップします!
一番効率的に、しかも確実にアップします!!

おすすめの記事