体験授業できます!

1. どんな授業をやっているの?

 

英語長文速読オンライン塾では、英語長文教材を使用して長文の解説をする授業を行っていますが、未入塾の方は、授業動画を見ることができないので、どんな授業を行っているんだろう?と思っている方もいると思います。

実際の授業を見ないと、ホームページやブログだけでは分からないと思いますし、どんな授業をやっているか分からないから、入塾するのを躊躇しているなんて人もいるのではないでしょうか?

 

2. 体験授業を受講できます!

 

未入塾の人は、授業を1回受けてみたいという方もいるかもしれませんが、そんな方のために無料で体験授業を行っています。

内容は、第1回目の黒1の内容の授業です。

難易度は、最初の授業なので、1番易しく以降から徐々に難しくなっていきます。

 

まずは、体験授業を受けてもらってから、入塾するか決めてもらって構いません!!

ホームページやブログを見て、少しでも興味を持った方は、体験授業を受けて英語長文速読オンライン塾で大学受験勉強を頑張っていくかを決めてもらって構いません。

 

夏期講習を受講するにしても通常授業を受講するにしても体験授業を受講することができます。

 

3. 授業後はどんなふうに勉強するの?

 

体験授業後、入塾を決めたら毎週2回の英語長文の授業を受講してもらいますが、受講して終わりではありません。

受講後に毎日、長文の復習として「音読復習」を行います。

「音読復習」を毎日することで、毎日英語長文に触れることができ、英語の長文を読むことに慣れることができたり、英語の文構造を捉えれるようになったり、単熟語の暗記を長文中でできたり、文法の理解を実際に英語の文章で深めることができたり、速読の練習ができたり、、、などメリットがたくさんあります。

 

毎日、授業を受講した後に、解いた長文を毎日音読するという内容です。

それだけで、そんなに英語ができるようになるの?と思う人もいるかもしれませんが、実際に「音読復習」を毎日行った偏差値がもともと40しかなかった生徒が70にアップしたという例もあります。

まずは、体験授業でもいいので、授業を受講して音読復習を試してみてください。

 

詳しいやり方は以下の記事で確認して下さい。

 

そして、英語長文速読オンライン塾では、「紙と鉛筆」を使用して授業を受講してもらいます。

理由は、スマホやタブレットを使用して勉強することにデメリットがあるからです。

以下の記事に詳しい内容が書いてあるので、確認してください。

映像授業は脳を破壊する!?大学受験勉強は紙が一番!《藤井セミナー神戸三宮の塾》

 

4. どんな大学に対応している授業なの?

 

英語長文速読オンライン塾は以下の大学志望向けの授業を行っています。

実際に以下の大学の過去問を使用して解説を行う授業を行っています。

旧帝大レベル(東京大学、京都大学、大阪大学、東北大学、名古屋大学、九州大学、北海道大学)

国公立大学(神戸大学、一橋大学、筑波大学、東京外国語大学など)

難関私大(早稲田、慶応、上智)

GMARCH(明治大学、青山学院、立教、中央大学、学習院、法政)

関関同立(同志社大学、関西学院大学、立命館大学、関西大学)

日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)

産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)

その他の私大(南山大学、西南学院大学、福岡大学、松山大学など)

 

難関私大や国公立やその他私大までさまざまな大学の入試に向けての受験勉強に対応しています!

 

大学受験の勉強を頑張りたいけどどの銃に入塾するか迷っている人や地方の受験生で近くに塾や予備校が無いけど、大学受験に向けて勉強したいと考えている受験生にもピッタリの授業です!

 

5. まずは体験授業を受けよう!

 

志望大学を決めて受験勉強を頑張ろうとしている方、地方に住んでいて近くに塾が無い方、今の塾で頑張ることに不安ある方など、大学受験をすると決めているならばどんな方でも、英語長文速読オンライン塾に興味を持ったならば、体験授業は無料ですし、料金はかからないので、まずは体験授業に参加してみてください!

 

英語長文が苦手な人は、長文音読復習を勉強のメインに据えて頑張って下さい!
そうすると、必ず、英語全体のの成績はアップします!
一番効率的に、しかも確実にアップします!!

おすすめの記事