青山学院大学直前対策!英語の青山合格には英語長文!!

1. 青山学院大学志望者の方

 

青山学院大学まであと約1ヶ月半、今まさに追い込みの真っ只中だと思います。

 

そんな青山学院大学志望者の受験生に向けて過去問を集めた直前対策講座を行っています。

 

英語を得点源に、その中でも英語長文を得点源にして合格へさらに追い込みましょう。

 

2. なぜ英語を得点源にするのか?

 

「英語の青山」と言われるだけあって、青山学院大学の入試英語は難しいと言われています。

 

青山学院大学の英語の試験は全学部日程の全学部同じ試験を受験する日程と個別学部日程の学部によって異なる問題を受験する日程があり、全学部日程は英語の配点が一番高く、個別学部日程でもほとんどの学部が英語の配点が一番高いです。

 

しかも、英語の試験の中でも英語長文の出題割合が高く、配点割合も高い学部が多いので、英語を得点源に、その中でも英語長文を得点源にすることで、青山学院大学合格に近づくのです。

 

 

3. 英語長文を得意にする勉強方法は?

 

英語長文を得点源にしたいなら英語長文の「音読復習」をしましょう。

 

英語長文の「音読復習」とは、英語長文の授業を受講し、そこで使用した英語長文を毎日音読して復習するというものです。

 

4. 英語長文の「音読復習」で得られる力は?

 

英語長文の「音読復習」でどうして英語長文を得点源にすることができるのでしょうか。

理由は、以下の力を養うことができるからです。

 

①単熟語力

英語長文には、意味の知らない単語や熟語が出てきます。

その知らない単語や熟語を英語長文を「音読復習」しているうちに暗記することができます。

 

②文法構文力

英語長文に出てくる文法事項や構文を「音読復習」して暗記したり、理解することができます。

 

③和訳能力

英語の文章を和訳するには単熟語力や文法構文力が必要になりますが、英語長文の「音読復習」でその能力を向上させることができるので、和訳の能力も上がります。

 

④文章の構成能力

英語の文章は文の要素(SVOC)で構成されますが、その文の要素を一文が長かったり、難しい文章でも捉えることができるようになります。

 

⑤英作文の力

単熟語力や文法構文力や文章の構成能力が上がることで和訳するだけでなく、英作文の能力も上がります。

青山学院大学の英語の試験は学部によっては英作文の問題が出題されるので、英作文の力も高めなければなりません。

 

⑥速読力

青山学院大学の英語の入試問題は、英語長文の割合も多く、全体の問題数も多いので、英語長文を速読することができないと、試験時間内に解き終えることができません。

毎日英語長文の「音読復習」をすることで、英語の長文を読むことに慣れ、文章を速く和訳することができるようになり、読むスピードも速くなります。

 

5. 実際の勉強方法は?

 

1. 単熟語の暗記

2. 英語長文の「音読復習」

3. 文法構文書を使用して理解暗記

4. 過去問をできるだけたくさん解いて、時間配分や問題傾向を掴む

 

単熟語の暗記、英語長文の「音読復習」、文法構文書を使用して理解暗記する勉強を毎日して、過去問はその他の時間にできるだけたくさん解きましょう。

予習も必要となると、英語以外に社会や国語や数学や理科を勉強したりしなければならない受験生には、時間を取るのが難しいと思いますが、予習は必要ありません!!

大事なのは復習をして、頭に授業で出てきたことをインプットすることです。

英語長文音読復習の直前対策講座では復習に重点を置き、予習はゼロで講座を受講してもらいます。

復習をして、しっかりと暗記事項を覚えてインプットの勉強をして、過去問をしてアウトプットの勉強をする。これだけです!!

 

6. 無料授業動画が1本付いてきます!

 

青山学院大学の過去問を集めた直前対策講座と別にもう1本動画がついてきます。

 

直前対策講座を受講する前に無料授業動画を受講して授業の受け方、授業内容を理解していただければと思います。

 

無料授業動画は、サンプルではなく、実際の授業動画になります。

 

 

7. 最後に

 

青山学院大学志望の受験生のみなさんは今追い込み真っただ中だと思いますが、直前対策講座を受講して英語長文を得点源にして合格しましょう!

 

英語長文が苦手な人は、長文音読復習を勉強のメインに据えて頑張って下さい!
そうすると、必ず、英語全体のの成績はアップします!
一番効率的に、しかも確実にアップします!!

 

おすすめの記事