関西学院大学直前対策!英語を得意にして関学合格しよう!!

1. 関西学院大学志望者の受験生

 

関西学院大学の入試まであと残り約2週間ですね。

 

今は入試本番に向けてラストスパートをかけていると思います。

 

そんな関西学院大学志望者の受験生に向けて最後のラストスパートに合わせた関西学院大学直前対策講座を行っています。

 

残り2週間でも得点を上げれます!

受験科目の中でも英語を得意にして得点を上げましょう。

 

2. 英語の得点を上げた方がいい理由

 

関西学院大学の入試科目の中でほとんどの学部で英語の配点が高いので、英語の得点を上げることで、合格に近づきます。

 

さらに英語の問題の中でも英語長文の問題が半分を占めます。

そのため英語長文問題の得点を上げることができればおのずと英語の配点も上がり、合格も近づくということになります。

 

 

3. 英語長文の得点を上げるには?

 

英語長文の得点を上げるのに有効な勉強方法は、英語長文の「音読復習」です。

 

直前対策講座を受講して、授業で使用した教材の英語長文を毎日音読して復習するという勉強方法です。

 

4. 英語長文の「音読復習」が有効な理由は?

 

英語長文の「音読復習」で得られる能力は以下です。

 

①単熟語力

英語長文中に知らなかったり暗記できていない単熟語が出てきますが、英語長文を毎日音読復習することで、そういった単熟語を暗記することができます。

 

②文法・構文能力

英語長文中に知らなかったり、理解できていなかったり、暗記できていなかった文法事項や構文が英語長文中に出てきますが、毎日英語長文を「音読復習」することで、参考書に載っているのではない、実際に使用された形での文法事項や構文を暗記したり、理解したりすることができます。

 

③文章の構成能力

英語は文の要素(SVOC)で構成されて1文が成り立っていますが、どんな文章でも把握できなければなりません。毎日英語長文を「音読復習」することで、文の要素(SVOC)を把握することができるようになります。

 

④和訳能力

和訳するためには、単熟語力、文法構文力、文章の構成を把握する力が必要になりますが、それらの力を高めることができるので、和訳能力も向上します。

関西学院大学の個別入試は和訳問題が出題されるので、和訳能力の向上が必要になります。

 

⑤英作の力

英作をするためには、単熟語力、文法構文力、文章構成能力が必要になりますが、それらの能力を毎日英語長文を「音読復習」することで養うことができるので、英作の力も付きます。

間瀬学院大学の個別入試は英作文の問題が出題されるので、英作力の向上が必要になります。

 

⑥速読力

関西学院大学の英語の試験は全部で大問6題が出題され、その半分が英語長文の問題です。

試験時間内に解き終えるために、英語長文を速く正確に読むことが必要となります。

毎日英語長文を「音読復習」することで英語長文を読むことに慣れ、単熟語や文法、文章の構成を把握するのも速くなり、読むスピードも速くなり、速読することができるようになります。

 

以上の能力を向上させることができるので、英語長文の問題の得点を上げることができるのです。

 

5. 実際の勉強方法

 

1. 毎日長文の「音読復習」をする

 

2. 単熟語の暗記を毎日する

 

3. 文法構文書を使用して理解・暗記する

 

4. できるだけたくさん過去問を解いて時間配分や問題傾向を掴む

 

残り約2週間なので、最後に勉強しなければならないことがたくさんある受験生のみなさんにとって予習が必要な授業は時間的に厳しいと思いますが、直前対策講座は予習は必要ありません!!

 

頭に授業で勉強したことを忘れないように暗記するため復習をしっかりします!!

 

残り約2週間だと過去問ばかりしてしまいそうですが、しっかりと暗記系のインプットの勉強も毎日しましょう。

 

6. 授業動画が無料で1本ついてきます!

 

関西学院大学の直前対策講座とは別に無料で授業動画がついてきます!

 

授業動画はサンプルではなく、実際の授業動画となります。

 

その授業動画で受講方法や授業内容を理解していただければと思います。

 

7. 最後に

 

残り2週間でも英語の得点を上げることができます!!

 

まだ英語に不安がある受験生、最後の確認をしたい受験生のみなさん、この直前対策講座を受講して合格へラストスパートをかけましょう。

 

英語長文が苦手な人は、長文音読復習を勉強のメインに据えて頑張って下さい!
そうすると、必ず、英語全体のの成績はアップします!
一番効率的に、しかも確実にアップします!!

おすすめの記事