青山学院大学(経営学部)の英語

1. 青山学院大学について

青山学院大学は、関東の難関私大のグループの「GMARCH」の一つです。

青山学院大学には、東京都渋谷区にある青山キャンパス、東京都杉並区にある和泉キャンパス、神奈川県相模原市にある相模原キャンパスの2つのキャンパスが設立されています。

文学部、教育人間科学部、経済学部、法学部、経営学部、国際政治経済学部、総合文化政策学部は青山キャンパスに、理工学部、社会情報学部、地域社会共生学部、コミュニティ人間科学部は相模原キャンパスに設置されています。

青山キャンパスは、渋谷区にあり都心のキャンパスとしてアクセスが良く、相模原キャンパスは先進の研究環境を誇るキャンパスです。

2. 青山学院大学の入試について

青山学院大学の一般選抜の個別学部日程の入学試験について述べていきます。

青山学院大学の個別学部日程の入学試験は、学部により日程や問題が変わります。

経営学部の試験科目は、A方式とB方式があり、A方式では、大学入学共通テストの国語、地理歴史または公民または数学、英語(リーディング、リスニング)、独自問題の英語の4科目で、B方式では、大学共通テストの国語または地理歴史または公民、数学、英語(リーディング、リスニング)、独自問題の英語の4科目となっており、独自問題は英語のみ必須科目で、A方式でもB方式でも英語の試験内容は同じになります。

A方式では、独自問題の英語150点、大学共通テストの国語100点、地理歴史または公民または数学100点配点、英語(リーディング、リスニング)50点、B方式では、独自問題の英語150点、大学共通テストの国語または地理歴史または公民50点、数学150点配点、英語(リーディング、リスニング)50点が設けられており、A方式もB方式も英語の配点が一番高くなります。

また、青山学院大学は、「英語の青山」と言われており、入試の英語の試験が難しいと言われているため、英語を制するのがカギとなります!!

3. 青山学院大学の英語の出題形式(経営学部2020年度版)

試験時間は90分(選択式と記述式)

[Ⅰ]長文読解

[Ⅱ]和訳問題

[Ⅲ]長文読解

[Ⅳ]長文中の語彙や文章の言い換え問題

[Ⅴ]熟語空欄補充問題

[Ⅵ]長文中の空欄補充問題

[Ⅶ]会話文

青学の経営学部の2020年度の入試の英語の問題では、7題の大問から構成されており、問題の4/7が長文問題となっています。
大問2題目は和訳問題、大問5題目は、空欄に熟語を入れる問題、大問7題目は、会話文問題となっています。

[Ⅰ]単語数は、長文のみで大体1000単語程、問題文を入れると1060単語程

[Ⅱ]単語数は、0単語(和訳問題のため)

[Ⅲ]単語数は、長文のみで930単語程、問題文を入れると1400単語程

[Ⅳ]単語数は、長文のみで800単語程、問題文を入れると930単語程

[Ⅴ]単語数は、長文のみで630単語程、問題文を入れると860単語程

[Ⅵ]単語数は、200単語程

[Ⅶ]単語数は、会話文のみで300単語程、問題文を入れると380単語程

大問7題すべてで、長文と会話文のみで3860単語程、問題文を入れると4830単語程となり、使用されている単語数は多いです。

4. 時間配分に関して

試験時間は90分で、10分間余らせて解答ミスの確認や、飛ばした問題を再度解くための時間にあてたいので、実質解く時間は、80分で大問7題の長文を解きます。

ちょっとした微調整は、何回も過去問を解き、自分のベストな配分で調整して下さい。

[Ⅰ]15分

長文になるので、時間を取る

[Ⅱ]5分

あまり時間をかけない

[Ⅲ]15分

長文になるので、時間を取る

[Ⅳ]15分

長文になるので、時間を取る

[Ⅴ]5分

あまり時間をかけない

[Ⅵ]15分

長文になるので、時間を取る

[Ⅶ]10分

そこそこ時間を取る

 

5. 配点に関して

配点は、150点満点です。

6. 問題の特徴

青山学院大学の経営学部の問題は、[Ⅰ][Ⅲ][Ⅳ][Ⅵ]が長文問題で、その他に残り3題あり、残りの3題も和訳問題、熟語空欄補充問題、会話文など多種多様な問題が出題されるので、時間配分をきっちりと解かなければなりません。
そのため、長文対策をメインに長文を読むための文法対策、単熟語の暗記といった基礎的な勉強をしっかりとしておくことが必要です。

また、[Ⅱ]は和訳問題なので、単熟語を毎日暗記して分からない単熟語の意味がないように、文法構文の理解暗記もして、どんな文章でも和訳することができる用意しておくこと、[Ⅴ]の熟語空欄補充問題は、毎日単熟語の暗記をして分からない熟語を無くしておき、[Ⅶ]の会話文は、過去問で対策しておきましょう。

多種多様な問題が出題されるので、単熟語暗記や文法の理解をしっかりとしておくことも大切です。

7. 青学問題対策

大問7題で、英語長文の問題、和訳問題、熟語空欄補充問題、会話文など問題数が多く、試験時間が90分なので、試験時間に対して問題数がかなり多く、英語長文を読むことに慣れ、速読できるようにしなければなりません。

そのため、英語長文速読オンライン塾では、英語長文の「音読復習」を毎日して長文に慣れる、文章の構成を学ぶ(文法力)、単語熟語力を養います。

そうすることで、英語長文を速読する力も培います。

また、長文中に英作の問題が出題されるので、英語長文の「音読復習」で、SVOCの文の要素や文法の実際の文章での使われ方を学び、文の構造を理解することで、対策することができます。

また、「音読復習」で英文中で単熟語の暗記や文法の理解・暗記をしながら、長文を読むための文法と単熟語暗記を毎日行って長文を速く正確に読める用意しましょう。

長文を読むための文法書は構文書を使用し、英語長文速読オンライン塾なら、「Grammar Now ! 471」を使用して勉強します。

[Ⅱ][Ⅴ]のような和訳問題、熟語空欄補充問題、、毎日単熟語暗記をすることと、「Grammar Now ! 471」のような構文書や文法書を使用して語法文法の理解を深めて勉強することで対策できます。

基礎をしておいた上で、[Ⅱ][Ⅴ][Ⅶ]の会話文は、過去問で対策しましょう。

8. 最後に

過去問を秋頃から本格的にやっていくまでに、英語長文の「音読復習」、「Grammar Now ! 471」の勉強、単熟語の暗記をやっていき、基礎を固めていきます。

そして、過去問で正解できるように基礎を今のうちにやりこみましょう。

英語長文問題が主に出題される青山学院大学に合格するには、長文対策をメインに基礎の勉強をしっかりとしておくことが必要です。

英語長文が苦手な人は、長文音読復習を勉強のメインに据えて頑張って下さい!
そうすると、必ず、英語全体のの成績はアップします!
一番効率的に、しかも確実にアップします!!

おすすめの記事