大学入試英語長文 高校3年  黒27 早稲田大学 During my lifetime

9月に入り、関西の私大入試まで5ヶ月程を切り、受験勉強の追い込みをしていかなければなりません。
難関大学に合格するには、英語長文がカギ!英語長文を効率よく得意にするには、アウトプット型の勉強が一番!

週2回前半と後半に分けて、英語長文の授業を行っていきます。

今週前半の長文は、早稲田大学の過去問からの出題です。
早稲田大学は、早慶上智の1つで、慶應義塾大学と並んで最難関の私立大学です。
看板学部は政治経済学で、文系学部の中で最難関学部と言われています。
そんな政治経済学部出身者には、アナウンサーの羽鳥慎一さん、気象予報士の蓬莱大介さん、モデルの市川紗椰さん、キャスターの久米宏さん、作家・タレントの乙武洋匡さん、サッカー指導者の岡田武史さん、ユニクロやGUのファーストリテイリング代表取締役会長兼社長の柳井正さん、第91代内閣総理大臣の福田康夫さん、第95代内閣総理大臣の野田佳彦さん、弁護士の橋本徹さんなど錚々たる方々がいます。

英語長文速読オンライン塾の生徒の方は、この下の★の右側をクリックして教材を取り出して、授業を受けてください。

長文授業動画(水曜日にアップ)
長文教材PDF(B5)
英語の基礎知識(説明用プリント B5)
※教材の用紙はB5で印刷か、A4に拡大して印刷をしてください。

アウトプット型の勉強の1つは音読復習です。予習は全くしなくても大丈夫!音読復習さえ継続したら、必ず英語の実力はアップします!
いつからでも、入塾は可能です。

もし、今、あなたが英語も国語も社会も苦手で、3教科とも偏差値が30や40でも、関関同立や明治大学や青山学院などのGMARCHなら「選択と集中」で的を絞った作戦を実行すると、今から始めたら十分に現役で合格します。受験は作戦が大事!この英語長文速読オンライン塾で勧めている合格への作戦は、大手予備校とは全く違う作戦です!

英語長文速読オンライン塾が対象とする高校生
①今は勉強(特に英語)が苦手だけど、関関同立やGMARCHぐらいに行きたい高校生
②英語をさらに得意にして、慶応・早稲田・上智に受かりたい高校生
③まだ自信がないから、とりあえず日東駒専・産近甲龍と考えている高校生
④理系、看護系、保育教育系で、英語を得意にして得点源にしたい高校生
⑤国公立狙いだけど、苦手な英語だけ利用したい高校

◇合格実績のある大学
《私立大学》慶応大学、早稲田大学、上智大学、同志社大学、関西学院大学、立命館大学、関西大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、学習院大学、法政大学、甲南大学、近畿大学、京都産業大学、龍谷大学、神戸女学院、東洋大学、日本大学、駒澤大学、専修大学など。
《国公立大学》大阪大学、九州大学、北海道大学、名古屋大学、神戸大学、筑波大学、和歌山大、千葉大学、熊本大学、鹿児島大学、大分大学、岡山大学、信州大学、山口大学、滋賀大学、愛媛大学、高知大学、徳島大学、新潟大学、など

試験形態よりも、まずは英語長文の速読力!
英語は、文系も理系も同じです。文系でも理系でも、同じ模試を受けて、同じ共通テストを受けるからです。また、テストの形態がどう変わろうとも、英単語を覚えて、英語長文を速く読める受験生が有利なのは変わりありません。
逆に、テストの形態ばっかりを気にして、英単語を覚えずに、英語長文を速く読む練習をしなかったらどうなるか、想像できると思います。実際、英語長文速読オンライン塾の生徒は、英語長文に絞る勉強方法で頑張って、対策はしなくても英検の準1級や共通テストでほぼ満点近くを取る生徒も少なくありません。

おすすめの記事